赤ちゃんにとって初めての肌トラブル"乳児湿疹"の原因は?

生後2・3ヶ月頃までの乳児湿疹の原因は

生まれてしばらくの間は

皮脂の分泌がとても盛んです。


それは、ママのお腹の中にいたときのホルモンが

影響しているのだとか。


皮脂の分泌が多いために

毛穴が詰まりやすく、

湿疹ができやすいのです。

生後2・3ヶ月以降の乳児湿疹の原因は?

生後すぐから赤ちゃんのお肌を守る機能は

どんどん低下していきます。


そして生後2・3ヶ月頃には底辺に。


そのころの赤ちゃんのお肌は「乾燥肌」なんです。


お肌が乾燥していることで

乳児湿疹の原因になるんですね。


では、

乳児湿疹ができないようにする方法はあるのでしょうか?


また、乳児湿疹ができたらどうしたらいい?


そのあたりをまた明日お話ししますね^^